タグ:繭山龍泉堂 ( 1 ) タグの人気記事

長沙窯の小壷


e0071614_8403578.jpg



2次元の書画 書物ばかりでなく立体物を紹介しろという話しもあったので、
 東京で, 一流の古美術商
繭山龍泉堂 http://www.mayuyama.jp/
で買ったもののなかで、一番安い買い物を紹介しよう。しかもディスプレイされていたものだということが凄い。とにかく一番安かった。箱は別料金になったぐらいである。さすがに題箋は書いてもらった。
 これは 唐代後期の長沙窯の小壷で薬 香 化粧品など少量のものをいれるものだったのだろう。
蓋と身が対かどうかはあやしいとのことだが、考えてみるとこういうものを作るなら 身と蓋は別々に大量生産するだろう。径8.5x高7cmぐらい。唐三彩などの小壷よりやや大きい。
 狐のしっぽのような褐色の模様がとてもかわいい。蓋は珍しい青いトルコ石のような釉薬で これもなかなか。長沙窯はこの褐色が釉下彩で、染付の先駆だというので、その点だけで有名なような気もする。こういう青釉も悪くないと思う。
 長沙のものは粗雑なものが多いし、これもボディの焼きかたなどそう厳格ではないのだが、なかなかみどころがあるものだと思う。
 一流の店は安いものでもどこかみどころがある というのは広田不孤斎の言葉だが、それの例証のような気がする。
by reijiyam | 2011-08-08 08:47 | コレクション | Comments(0)