玲児の中国絵画入門 2 尖った山水画と宋元画



学生時代に、老荘思想などへの関心から派生して、中国絵画に関心をもってみたが、
まともな中国絵画の図録や本が全くない。ただ、世界美術全集などの一部に中国絵画の解説があった。

そのなかで小さな図版でみた

伝 馬遠 風雨山水図  (111x56cm 東京 静嘉堂文庫 国宝), はわりと気に入った絵画だった。


e0071614_724273.jpg



 遠景に、尖った峯が林立しているのが、先回に言及した仙境的な趣があることや、近景も含めた大きな空間性を作っていることで、気にいったんだと思う。

 この絵は東京在住の折、静嘉堂文庫美術館などで何度かみたことがあるが、どうもそれほどは感動しなかった。粗悪な図版の方が影響力があったというのが、まことに不思議である。

  これは、国宝であり、日本に古くから伝世したものだろう。日本でいう「宋元画」「水墨画」の典型の一つである。

 どうも、日本の中国絵画の研究者には、水墨画・南宋絵画などに偏重する人が多い。これは、もともと室町時代以来の日本の中国絵画の賞翫・鑑賞が雪舟・狩野派などを経た南宋元の禅宗系水墨画から入ったことが多く、その系統のものが異常なくらい高い評価をもっている。これは東山御物以来茶道で尊重されたことと関係があると思う。 そのために中国本土では絶滅した宋末から元時代の禅宗系絵画が多数、日本で保存されたという功績もあるが、その反面、日本の中国絵画研究者の評価基準や眼のつけかたにかなりの偏りをもたらした弊害もある。
なにしろ、1950年代ごろなど戦後早く、台中(当時 國立故宮博物院はここにあった)にいった日本の学者は、日本でみなれた「宋元画」の基準でみるので、まともな観賞ができていないように思う。ジェームズ ケーヒル氏のほうがよほどまともに観ていた。また、戦前も阿部コレクション(現  大阪市立)を東京国立博物館のスタッフは全く評価しなかったという信じられないような逸話がある。

# by reijiyam | 2015-03-28 07:04 | 中国絵画入門 | Comments(1)

玲児の中国絵画入門 1 中国絵画のイメージ

 1970年ころの日本人学生がもつ中国絵画のイメージというのは実に貧弱なもので、「中国絵画の代表作」をあげようとしても頭に絵のイメージも画家名もでてこないという有様である。一方で、レオナルドダビンチのモナリザとかクールベの「波」とか、ヌードがきれいなのでボッシュとかジョルジョーネとかは知っていた。また後期印象派のデュフィの筆致やシュルレアリスム系のキリコやエルンストの不思議な絵も好きだった。日本の画家なら逸話があった雪舟とか青木繁とかは、知っていた。しかしながら、中国絵画については画家の名も作品名も何一つ知らなかったのである。

 一方、妙なことに中国絵画」「山水画」の漠然としたイメージはあって、それは絵本やマンガなどの無名のイラスト・図像などから、頭の中で形成されてきたものだろう。それは、尖った不自然な山岳が林立し、雲気がたなびく仙境のようなものであった。

  そういう絵を現在まで残っている歴代中国絵画からさがすと意外に少ない。
明時代中期の仇英(ACE1494?-1552)の仙山楼閣図(台北故宮)がわりとイメージに近いと思う。

e0071614_8113229.jpg


少し拡大してみると、右はしの断崖に沿った道、山間にある楼閣、細長く林立する峯の間に雲がまつわっているところなど、昔いだいた「中国の絵」のイメージそのものである。


e0071614_812080.jpg






 こういう仙境画は下の(遼寧省博物館)の小品もある。これは両宋名画册という小品のアンソロジーに入っているが、南宋時代というよりもっと新しいものではなかろうか? こういう仙境画は、由緒のある立派な絵は少ないが、雑な絵や道観や寺院の壁画や版画、挿絵、陶磁器の絵などとして、民間に相当多いのではなかろうかと思う。


e0071614_8123917.jpg





また、ケーヒル先生が北宋末南宋初めの李唐にアトリビュートした奇峯萬木図(台北故宮)もわりとそういう感じだと思う。


e0071614_819462.jpg



 また、中国土産品店でよく売っていた「コルク画」の細工物のイメージも、大きいと思う。これらはどうももともとはお葬式のときに燃やして、あの世で、こういう豪華な庭園に棲んでくいださいと願うものらしいが、当時はそういうことは知らなかった。台湾映画「非情城市」のお葬式の場面で燃やすところをみて、あっと思ったものである。ただ、このコルク画自体は1920年代に始まったものだそうで、意外に新しいものである。ただ、その祖型のようなものは中国にあったと思う。




山水画以外の絵画ジャンルに眼がいかなかったのは、「山水画」が眼をひくものであったためだが、粗悪で小さな図版では、花鳥画は日本の絵と変わらないようにみえるし、美人画はちっとも美人にみえない顔だし、いかめしい役人王様のしかもあまりリアルでない人物画なんか面白くもなんともないからである。

# by reijiyam | 2015-03-27 08:13 | 中国絵画入門 | Comments(0)

佩玉の孔

 

ジェシカ ローソンさんが、
>玉器の写真を撮るのは極端に難しいし、、

と言っていたこともあり、中国の古玉を撮影してみました。

e0071614_12543822.jpg




e0071614_1255560.jpg


35mmx30mmx5mm弱(厚み)
 これは、中心の薄い繋ぎ部分に、更に長い孔があいているという超絶技巧で作ってあるんですね。
私は、これは、厚い原材料にまず孔あけてから、薄く磨きだしたんじゃないかなあ?と思っています。

 洛陽中州路 東周墓からの出土品に類品があるようです。紀元前200-300年ごろかな。

この孔を撮影していたとき、うっかりこの古玉を取り落としてしまい、真っ青になりました。
幸いダメージが小さかったのか、ヒビも割れもなかったので、安堵しましたが、こういう事故が起こりうるから、他所に貸すときは、慎重になるんだなあ、と自分のことを反省しながらそう思ったものでした。
  玉の鑑別のため、打ち合わせて音を聴くなんて動画がありましたが、古玉の場合は、以ての外の蛮行だと思います。

e0071614_12561215.jpg


e0071614_12565188.jpg


 斜めから光線をあてて光らせるとこの玉の形や線がようやくわかるんですね。
 まっすぐ撮影したら一番上のように模様がみえないんですね。


e0071614_12571450.jpg


e0071614_12573548.jpg




# by reijiyam | 2015-03-18 12:59 | コレクション | Comments(0)

司馬秀谷  赤壁賦図

e0071614_11255493.jpg


e0071614_1126227.jpg



e0071614_11271320.jpg






もともと香港のコレクターから出た小品書画の一つ

右端に特徴的な帽子を被った人物が川を隔てて崖をみているから、

これは「蘇軾 赤壁賦 図」の定番の図像なので、一応そういう風に題名をつけてみた。

題字は、[配法在荊岡巨公間竹一三兄以為得毫末否 秀谷 鐘]


司馬鐘 字 秀谷 という人で水利関係の役人をやったことがあるらしいが、画で食っていた人らしい。

橋本コレクションに、墨竹が1点ある。

台北の國立故宮博物院に道光24年の扇面(1844)
があるから、そのころの人だろう。
  http://catalog.digitalarchives.tw/item/00/60/73/9f.html
# by reijiyam | 2015-03-08 11:28 | コレクション | Comments(0)

張遷碑 三拓本 比較

二玄社の中国法書選に入っている張遷碑 翁綬祺本(以下  翁本)はあまり良いものではないですが、大手の出版社でもあり、それなりに普及しているのは困りものです。

そこで、張遷碑の各拓本で、新旧、精粗の比較をやってみましょう。


 現在、日本で一番良い拓本は台東区書道博物館所蔵の拓本です。
>>>
e0071614_10335284.jpg


 イメージで、左から、書道博物館本、真ん中が貧架の嘉慶ごろの拓本、右が中国法書選の翁本、これでみたら、「五」の字のキズが大きくなっていて、翁本が新しいことがわかるでしょう。

>>>
e0071614_1035067.jpg



 同じような損傷の拡大は、この「囚」字の下部にもみることができます。

>>>
e0071614_10353679.jpg



ところが、この「帝」字の右側は、翁本は一見、欠けていないようにみえますね。でも、この右側の線は書道博物館本とは違います。つまり墨を塗って、欠けていないようにみせかけたものなんですね。

>>>

e0071614_10355537.jpg


 つぎにまた、別の部分をみてみましょう。一番下の「宿」字の右上の損傷は左から右へ拡大していますね。また、その上の「犁種」の右側は翁本では大きく損傷していて、しかも墨を塗って(濃くつけて)ごまかしています。


 こういう、補墨(墨塗り)によるごまかしは結構あるので注意が必要です。

 翁本では法式善(1752-1813)などの跋がついているので、嘉慶以前の拓本のようにみえるのですが、どうもこれらの跋は他のところからもってきて貼り付けたもののようで、最初からこの拓本についていたものだとはおもえません。書画の場合もそうですが、本体を古く立派なものにみせるために他から跋文や観記を切り取ってきて組み合わせるのはよくあることです。



 他の拓本でネットでみることのできるものでは

張遷碑  淑徳大学のサイト


が割と旧拓しかも精拓で良いみたいですね。ここは西林昭一先生の肝いりだから二玄社も使えるんじゃないかな。


なお、
早稲田の古典籍データベースにある

張遷碑 (PDFファイル) 


は、かなり墨が重いようですが、わりと新しい。 清末民国?か?? あるいは贋物重刻本か? 本物としてもたぶん翁本と変わらない新しい時代のものですね。

# by reijiyam | 2015-02-22 10:42 | ニュースとエッセイ | Comments(0)