玲児の中国絵画入門 12 文徴明




鳥瞰図で文字だけであげたものを実例で絵解きする続き。
ただ、これも、あまり しっかりした解説ではなく、ゆるい感想程度ね。


蘇州の沈周 文徴明、仇英, 普通はこれに唐寅をいれて、四大家とかいうんですが、どうも唐寅の絵にそれほど時代をリードし抜きんでたものを感じないんで、除きます。
 ここで、面白いのは、この三人、まあ四人でもいいんですが、皆、高位高官の役人ではないことです。仇英は純粋な職業画家で、一説には文盲だった(そんなわけねーだろ)というぐらいです。文徴明は科挙にずーっと失敗し続けた浪人で、友人の推薦で一時、北京の翰林院で仕事をしましたが周囲から冷遇され短期で切り上げて蘇州にもどりました。沈周は大地主で、地方の顔役でしたが庄屋的な役職についたぐらいの人です。商人の息子:唐寅は超優秀で科挙試験でトップ及第を繰り返して驀進、北京に試験にいったのはよかったが、不正事件に連座して失脚、その後は在野生活。なんか不平王族の幕僚に招聘されたことはあったようですが、反乱事件にまきこまれそうになって脱出しました。
 文人画の典型といわれるような文徴明・沈周にしてもこうなんですからね。

1999年に書いた

文人画とは何か

という小文にさして間違いはありませんでした。
要するに「高位高官が余技で描いた絵」というのは嘘だったということです。

蘇州の沈周 文徴明、仇英を一緒に書くのはしんどいので、分割してあげます。

 さて、やはりこの蘇州の画家のうちでは文徴明(1470-1559)が一番重要です。なぜなら、彼は一つの様式を建設して、後輩の蘇州の画家は皆、追随し、その影響は清末の画家まで及んでいるからです。教養ある画家が倣うべき一つの様式を作ったということは偉大なことです。
 また、書画が一体になった芸術作品を沈周とともに作っていますね。元末四大家は呉鎮を除けば、そう能書家とはいえませんでした。むしろ元初の趙子昴が書画一体といえないこともないのですが、保存の良い趙子昴の書画合壁が少ないのが残念です。趙子昴の近くにいた元の朱徳潤「秀野軒図巻」(北京故宮博物院)も書画合壁ですから、趙子昴→沈周文徴明という線での伝承なのでしょう。書画合壁が盛大になったのはやはりこの時代の蘇州からでしょう。
 文徴明の周りには多数の画家が集まり相互に影響を与えたり追随したりして、文徴明逝去後も様式を伝え「呉派」と呼ばれました。

孤立した天才の仕事ではないので強力に後世に影響を及ぼしました。当然、代作や偽作、模写、も多かったと思います。

文徴明の代表的な作風は、やはりこの「江南春」(台北國立故宮博物院)の繊細優美なカラリストぶりではないでしょうか?このような絵は、彼以前に描かれたことはないと思います。


e0071614_9592674.jpg


e0071614_9585873.jpg


また、その一方、特に晩年作に大胆で強靱な古木などの絵がめだちます。例えばこの古木寒泉(台北國立故宮博物院)
ホノルルの七星檜も有名ですが未見です。これは趙子昴の絵の模写ということになってますが、模写なのかなあ?

この辺の様式変化 整合性をどうとらえるかは、まだよくわかりません。

e0071614_9595920.jpg


# by reijiyam | 2015-04-10 10:03 | 中国絵画入門 | Comments(0)

玲児の中国絵画入門 11 元末四大家



鳥瞰図で文字だけであげたものを実例で絵解きする続き。
ただ、これも、あまり しっかりした解説ではなく、ゆるい感想程度ね。

元末四大家ってのは、元地代末明地代初に活躍した四人の画家「黄公望、呉鎮、王蒙、倪雲林」です。

後世の絵をみると、この四人の誰かの作風をまねましたあ、と書いているものがやたらと多い。
書いてなくても、あ、まねしたな、と思われる絵も多いんだな。


なんでそんなに模倣されるのか。明時代後期以降さかんになった「文人画」という理念、官僚や官僚予備軍の学者や僧侶・道士などがアマチュア画家として描いた絵画のほうが、プロの画家が描いた絵より優れているという迷信が流行った。これは、画家同士の派閥争いが原因だと思っている。
ただ、アマチュア画家が描きやすい様式技術というのが必要なんだな、これが元末四大家の様式です。

じゃあ、元末四大家の作品は未熟で単純な作品かというとそういうことはないわけで、やはり代表的な真作は、厳しく引き締まった優れた作品です。ただ、あまり多数残っていないですね。贋作偽作コピーもやたらと多いしね。


 まず、黄公望(1269-1354)、この人は役人を一時やってましたが犯罪に連座して入獄し、諦めてしまい、三階教の道士をやってました。代表作は、この富春山居図巻(紙に墨、台北 國立故宮博物院)
この作品は一見平凡でありきたりでそっけないですが、後世の画家の作品の数十点分が一作品に入っているような感じがします。源泉というか、まだ未分化な定型化していない創造の息吹を感じるんですね。


e0071614_113883.jpg




 呉鎮(1280-1354)、この人は浙江省の嘉興で易者をやってました。画家としてもセミプロみたいで教科書みたいな墨竹譜を作ったりしています。面白いのは草書が得意で草書で書いていることが多いんですがその草書が、あの唐時代の懐素の絹本小草書千字文=千金帖=蘭千山館本と良く似ているんですね。

それであの千字文は実は呉鎮の作品ではないか?と疑う人もいます。私はそうではないと今は思っております。
 山水画では、五代北宋の董源と巨然の様式を典型化類型化したような作品があって、後世考えられている董源と巨然の様式は彼の絵のフィルターを通しているのではないか?特に巨然の絵とされている絵のなかで呉鎮の絵があるのは常識となっています。そういう山水画よりも、むしろ墨竹のほうがいいかな、と感じております。
 フリーアの風竹図
はとても有名ですが実見したことがないので、実見した台北國立故宮博物院のものをあげてみます。

e0071614_1165325.jpg



 元末四大家といっても次の二人は明らかに一世代後です。

 倪雲林(1301-1374)  「瓚」という字がでないことが多いのでこのような表記にしました。彼は無錫の大富豪の庶子で気楽な趣味生活をやっていました。 収集した名画劇蹟も多く現在まで残っているものもあります。また潔癖家として有名ですが、日本人の感覚では普通じゃないの中国人は汚すぎ?と思います。
 頼りの長男が死んでしまい、家を継いだら経営手腕なし、悪徳官吏(現在の中国共産党の地方幹部そのものです)との交渉能力無し、結局家をつぶして、放浪生活に入ったという人です。

 作品(及び贋作とコピー)は、だいたい皆 代表作の容膝斎図(イメージ  台北國立故宮博物院)のようなもので似たり寄ったりです。まさにケーヒル先生のいうHills beyond Riverなんですね。従って一見簡単にマネできそうにみえるので膨大な贋物があります。そして真跡と思われるものがとても少ない、10点以下だと思います。しかしながら、本物をみるとかなり特色があり、意外に、贋物と本物の区別ができそうな気がします。

 それにしても、京都国立博物館に入った上野コレクションの一つ雲林六墨とかいう画册(博文堂で影印)は清初のキョウ賢の作品をいじったものでしょう。あまりにも露骨で笑いました。

e0071614_1172990.jpg



 王蒙(1301-1385) 現代の作家にも同名の人がいますね。この人は宋の王族でフビライに仕え元初の文化をリードした趙子昴の外孫ですから、結構いいところの人なんですね。で、基本的には官僚でした。
 王蒙風の山水画様式は倪雲林の正反対で非常に煩雑でパワーに満ちたものです。相当体力野心もあった人なんだろうな。一応、代表作とされる青卞隠居図(上海博物館)具区林屋図(台北國立故宮博物院)をあげてみます。

e0071614_1174831.jpg


e0071614_118854.jpg


 ただ、王蒙自体が明時代にかかっていることもあり時代が文徴明の時代と接近しており、現存作品が多いこともありますが、沈周文徴明など明中期の画家に模写模倣された作品が非常に多く、区別がつかない状況のように思います。実際、國立故宮博物院の傳移模写展で3点の花谿漁隠図を対照してみることができましたが、かなり難しいと思いました。
 
 ただ、この様式自体はその後もずーーと影響力が大きく、清時代中期まで、あるいは現代まで影響があると思います。東京国立博物館の文伯仁  四万山水図にも大きな影響を感じます。

# by reijiyam | 2015-04-08 11:13 | 中国絵画入門 | Comments(0)

玲児の中国絵画入門 10 北宋



玲児の中国絵画入門 9 鳥瞰図で文字だけであげたものを実例で絵解きしていくことにする。
ただ、あまり しっかりした解説ではなく、ゆるい感想程度ね。

まず、北宋時代の山水画と花鳥画と白描画、

最初は、范寛の 渓山行旅図(絹本 軸装 台北國立故宮博物院)

  まあ、なんといっても、右下のロバのキャラバンの小ささと精密さ。この精密さは清明上河図に優るとも劣らない。それと対比するこの圧倒的な山岳の巨大さ。この強烈な構想にまいってしまったんだよなあ。。この絵は2m6cmもある大きな絵です。たぶん、もとは屏風絵か壁画だったんじゃないかと思います。

なおこれは純粋な水墨画ではなくかなり他の絵の具が入っているそうです。


e0071614_10183441.jpg


e0071614_10192792.jpg



次は、ちょっと意外かもしれないが梅花集禽図(絹本 軸装 台北國立故宮博物院)
 本来なら崔白の双喜図(台北國立故宮博物院)をだすところでしょ。実のところ、梅花集禽図の良さはケーヒル先生のSKILA社刊行の本Chinese Paintingを読むまではよくわからなかった、
 北宋画院の大規模な障屏画で、現在まで残っているただ一つのもの、といわれれば、まさにそのものです。高さが2m58cmもあるんですよ。これは。
  部分部分をみると、いわゆる「徽宗皇帝の花鳥画」そのもののじゃないかな? 典型的な宋の鳥画の大幅として、あえて注目してみたい。全体の構想や緊密さは崔白の双喜図のほうが優れていると思います。

e0071614_10203595.jpg


e0071614_10211185.jpg


e0071614_10213979.jpg



 そして、現在行方不明ですが、李公麟の唯一の真跡と呼ばれた五馬図巻をあげてみます。この図巻は最初の馬は一番優れていますが、最後はかなり劣っている。後ろのほうは取り替えられているっぽいです。第一の馬の部分を拡大してみます。

e0071614_1022347.jpg


  最後に、後世でよく使われる米法山水の始祖である米フツの絵はまるで残っていないけれど、その子の米友仁の絵はかろうじて残っている。ひどく傷んでいますが、上海博物館のこの雲山図巻はかなり良いと思います。部分図をあげます。下部に線があって空白になっていますが、これは他の米友仁の絵にもあるんで米友仁のクセだと思います。


e0071614_10224243.jpg

# by reijiyam | 2015-04-07 10:24 | 中国絵画入門 | Comments(0)

玲児の中国絵画入門 9 鳥瞰図


 前回、宋以後だけが歴史として語れ観賞できると述べたが、宋以後でも1100年ぐらいある。
 西洋絵画史を見る場合、まあルネサンスがあってバロックがあって印象派があって、20世紀には抽象画だなんだ、ということでというざっくりした分け方でなんとなく解ったような気になるものだ。中国絵画で、宋以後で、そういうことができないのだろうか?

 まずはっきりしているのは、伝統的中国絵画の下限・有り体に言えば滅亡の時期で、それは、大平天国の乱・アヘン戦争のころである。これ以後、上海中心の「国画」の繁栄、西洋絵画の影響、日本の改革された日本画の影響などで、全く様相が変わってしまう。

 次に宋からアヘン戦争までの間で、いくつかの高峰、後世から典型とされ仰ぎ見られ、模倣され、贋物が作られる時代や作品群・流派があるわけだ。

 1.北宋時代の山水画と花鳥画と白描画、
 2.元末四大家(黄公望、呉鎮、王蒙、倪雲林)、
 3.明中期の蘇州の沈周 文徴明、仇英。
 4.明末清初の爆発的な多様化
 5. 乾隆アカデミズムと揚州派の時代


 この5点を押さえておけば、あまりひどい脇道にそれたりしないと思うし、なんとなく見通しがよくなると思う。
 勿論、この他にも重要な画家や画派や部門や作品は膨大にあり、日本に保存された宋元水墨画を無視するのかとか、抗議が多いだろうが、まずメインストリームを提示しないと五里霧中になってしまう。

# by reijiyam | 2015-04-04 09:30 | 中国絵画入門 | Comments(0)

玲児の中国絵画入門 8 唐以前と宋以後

 中国絵画の歴史を現代から眺めるとき、唐と北宋の間に大きな断絶がある。

宋までは歴史、唐以前は考古学の対象である。

北宋まではなんとか、地上で手から手へ伝世された絵画をみつけることができる。唐時代以前となると、(日本伝世など)ごく希な例外を除いてそういうものをみつけることはできず全て盗掘品なり考古学的発掘品なりに頼ることになる。敦煌石窟壁画は一応地上だが、どちらかというと考古あつかいではないか? 小杉一雄は「忘中古」という面白い呼び名で敦煌石窟壁画を読んでいる。また敦煌の石室から発見された文書・絹画などは壁をこわしたとき発見したのだからどちらかというと発掘品である。 発掘品の場合、時代ぐらいはなんとかわかるが、特定の画家や流派に結びつけることは難しい。

 中国の地上の文化財は会昌の廃佛、唐末五代の戦乱で徹底した破壊をうけたと言わざるを得ない。


それは、晩唐の849年(「860年ごろ」は間違い、すみません)の歴代名画記と 北宋末の米フツの画史を比較してもわかる。歴代名画記には、「顧ガイ之・陸探微・張僧ヨウ・呉道子の絵画を集めて初めて立派な収集だといえる」と書いてある。多少の誇張もあるだろうが、そんな収集は、11世紀には徽宗皇帝でも困難なことであった。その間たかだか250年である。


 そのため、明以降になると、南北朝時代や唐時代の絵画は模写本やもっともらしい贋物すら殆どなくなった。そのため、当時の画家がどういう絵画を描いたのか全くわからなくなり、画風によって画家を推定することすらできなくなった。例えば 大阪市立美術館の「五星二十八宿神形図巻」に対して董其昌は呉道子だといい、陳継儒は閻立本だという。別の文献では張僧ヨウだという。 歴代名画記の著者なら画風が大きく違ってみえただろうからそんな変な意見はでるはずはない。 明時代には、文献記録だけは残っているので、画家の名前だけはわかる。こういう事情は、欧米でギリシャローマの画家の名前だけは文献で残っていて(アッベレースとかエウドクソスとか、、)絵画自体が全て失われているという状況に近い。 それでサインのない古画に適当な画家名をあてることになり、その結果として、ピカソの絵にルーベンスやレオナルドの名前をつけるような時代錯誤が少なくないことになった。


# by reijiyam | 2015-04-03 08:01 | 中国絵画入門 | Comments(0)