ローディ コレクションのカラヴァッジョ派


旧  シルヴァーノ ローディ コレクション が1986年8月~9月に埼玉県立近代美術館で展覧されたときのカタログに掲載されているカラバッジョ派の静物画の画像を提供しておきます。
もう、持ち主がかわっている可能性がありますので、記録としてはわるくないでしょう。

・花瓶のある静物画
  49.5x65cm
・メロン のある静物画
   49.5x65cm
・リュート奏者
   88x107.8cm





e0071614_704978.jpg
e0071614_711893.jpg
e0071614_713375.jpg

# by reijiyam | 2017-02-18 07:03 | 蔵書 | Comments(0)

献辞本


花耀亭日記
http://blog.goo.ne.jp/kal1123

さんが、面白い記事を出していたので、当方も献辞本のイメージを少し出してみることにしました。

一応、「蔵書」と銘打っているので、

まず、面白いと思うのは、

故宮博物院院長 故 蒋復そう 先生(1898-1990)
肖像写真は、こちら
https://www.npm.gov.tw/ja/Article.aspx?sNo=02000049
の献辞で、これは、
論語  覆宋元刊本のレプリカ本です。
台北の故宮博物院が一九七〇年に刊行したものです。
どちらかというと羅振玉の書に似た、神経質な感じの書風ですね。

e0071614_1092552.jpg


e0071614_1010390.jpg


次が、物故した20世紀の作家 Julien Gracq
  https://en.wikipedia.org/wiki/Julien_Gracq

e0071614_10104232.jpg


 これは、ダダイスト  シュルレアリストとして有名なスーポーの甥、ジャン=ミシェル スーポーへの献辞のようですね。


もう一つ、書道家書道史家の、故 松井如流 先生の献辞もあげてみます。松井先生の名著
「中国書道史随想、二玄社」に書かれていたものです。

e0071614_1011491.jpg


 温顔がしのばれる良い書風だと思います。

 最後に、、印刷本ではなく精写した写本の唐詩三百首をあげてみます。
 王長春氏の献辞がついてます
e0071614_10202474.jpg

e0071614_1021651.jpg


王長春氏の献辞とその生涯については、こちらに書きました
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/96615921.html




# by reijiyam | 2017-02-04 10:21 | 蔵書 | Comments(0)

十七帖の翁萬戈本と中村不折本



2007年3月12日に
十七帖の翁萬戈本と中村不折本は同石(同版) 2007/3/12
http://reijiyamashina.sakura.ne.jp/17jho/17jho.html

という文章をアップしておいたが、


 最近、メトロポリタン美術館にあるこの翁萬戈本の写真画像をMETのサイトで得ることができて、
確実に同石であるという証拠を発見した。

下記 図版にある斜めの線が翁萬戈本と中村不折本で全く共通である。一方だけみてたときは紙の折れかとも思ったが、2つで共通だということは、元々の版のキズである。

e0071614_1122567.jpg


e0071614_1125342.jpg


e0071614_113927.jpg


e0071614_1133491.jpg



ただ、なんで末尾の「悦生」瓢箪印が一方にあって、一方にないのかはわからないが、加えたか除いたかしたのだろう??

# by reijiyam | 2016-08-14 11:05 | ニュースとエッセイ | Comments(0)

玲児の中国絵画入門 20 乾隆アカデミズム

 
e0071614_1830417.jpg




乾隆帝時代の宮廷の絵画作品というのは、知っているようで知らないというか、中国絵画史のなかでどういうところに位置づけるかがよくわからない、という感じがする。

  私が色々考えた結果、2つの面をあげたら、捉えやすいのではないか?と思っている。

一つは玲児の中国絵画入門 19 四王呉惲 でとりあげた明末清初の四王呉惲が造った「新しい平凡」といえる総合様式を大きく拡大し、宮殿や邸宅の大壁画に適用されたものが、現物で多数確認できるということだ。明末の紫禁城にも巨大な壁画が多数あったはずだが、李自成の軍が北京を退去するとき紫禁城の宮殿を焼いたので、ほとんどなくなっている。

したがって、宮殿壁画{貼落といわれるポスターあつかいのもの}が多量に残っているのは、この時代のものである。

上のイメージは、
清 銭維城 棲霞全図 1760題、台北國立故宮博物院
銭維城(1720-1772)の作品で、224.9x158.5cmもの大きさだ。2メートル以上の高さがある。


もう一方は、郎世寧(カスティリオーネ 1688-1766)に代表される西洋画の影響である。
郎世寧は、イタリア人だから、これは中国絵画なのかという批判もありうるが、外国人主導とはいえ、郎世寧(カスティリオーネ 1688-1766)の弟子や追従者もいたようだし、一種の中伊合作でもある。

 前から思っていたのは、カスティリオーネ自体は油彩やテンペラ、フレスコの技術をもっていたはずである。油彩による作品らしいものは数点しかない。昔考えたときは、、材料がなかったのかな?と思っていたが、良く考えたら当時の画家は絵の具は自作していたはずである。既製品の絵の具なんか使っていない。 またキャンバスなども麻布なんだから北京でいくらでも調達できたであろう。顔料・乾性油なども皇帝の権力で利用できないはずはない。

  どうも、このような中国絵画と西洋絵画を融合したような様式技法は、郎世寧のまわりで創造されたものではなかろうか?

 郎世寧は宮廷にいた人だから、前述のような宮殿用の超大型の絵も多いわけで、

清 郎世寧(カスティリオーネ 1688-1766) 十駿犬茹黄豹 、台北國立故宮博物院
247.5x163.7cm

 こういうのがある。これは2メートル50センチちかくもある。


e0071614_18313753.jpg



そして、付随的なことだが、こういう西洋風中国画というのは広東などで量産され、どうも江戸時代の洋風画、例えば司馬江漢、そして北斎などに影響を与えた可能性があると思う。


一方、満州民族のセンスが色濃いような特異な作品に
平安春信Castiliogne Peking 68.8x40.8cm 1782題 北京故宮博物院

がある。

e0071614_18322259.jpg



# by reijiyam | 2015-09-21 18:34 | 中国絵画入門 | Comments(0)

メムリンク:影のある幻

e0071614_1637733.jpg



  ブリュージュのメムリンク美術館にある 1479年の自筆年紀があるヨハネ祭壇画(Dirk de Vosの呼び方に従う、古くは「聖カタリナの神秘的結婚」とも呼ばれた)は、メムリンクの代表作としてだれも疑わない傑作である。

web Gallery of ARTsのリンクを貼っておく

ただ、中央部画面や外側の肖像画には賞賛を惜しまない人も内面左右、とくに右翼のパトモス島の聖ヨハネの黙示録については、描写がなまぬるい、羅列的だ、煩雑だ、子供っぽい、ちっとも悲劇的ではない、などという貶辞がでてくるのが常であった。

e0071614_16374679.jpg



 この絵はベルギーを訪問したときは必ず鑑賞させていただくお気に入りの名画であるが、そういう貶辞にも一理はあると思っていた。

  だが、2001年にブリュージュのメムリンク美術館で見たとき以来、どうもこの右パネルの狙いを勘違いしていたのではないか? 結果的に成功しているかどうかは別として、かなり変わった試みをやっている絵画なのではないか?と思い直している。

 それは、水面に映る影の描写、を使って、パトモス島の聖ヨハネの幻を実体のあるものとして表現するということである。  西洋絵画でも、天使などを実体のある影をもった物体として表現することは少ない。あのえぐい描写のデューラーでも、それはやっていないようだ。あのボスの怪物たちにも概して影がない。もっともボスのパトモス島の聖ヨハネ(ベルリン)は静謐そのものだ。これもえぐい描写のカラヴァッジョにしても天使に影はつけていないようである。

e0071614_16405797.jpg


 この右翼、矢印で明示するような 騎士たちの影については、以前から指摘されてきた。少し上方には 燃える岩が水面に落ちるところが描かれており、まさに水におちようとするときの水面の影が描かれている。また遠方の巨人の影も描かれている。しかし、これらは、図式的な感じもするものである。

私が震撼したのは、丸い虹の神の空間の前で香を祭壇に焚いている天使の影である。


e0071614_16421150.jpge0071614_16423630.jpg

 まさにその祭壇の底と人物まで水面に映っている。神と聖人たちを囲む虹色の円それ自体も一部水面に映っている。天使と祭壇の底というか支えている雲?を裏からみているのである。
  また、虹も水面に映っている。しかし、この底の方から覗く神の国という奇妙な感覚には震撼した。
 
  これほど、奇跡や天使を堅固な実体のあるものとして描いた・実感させようとした試みがあったであろうか?
しかも、黙示録には啓示・幻として書いてあるのだから、ここまで描く必要自体本来ないものなのだ。
この試みが成功しているかどうかはともかく、私としては感動した。

  フランドルの画家の後裔であった小説家J.-K. ユイスマンスに対して、米国の批評家ハネカーが評した「神秘主義を厳密に定義し得るもの、重さを量り、手で触れ言葉で証明できうるものと考えていた人物」という文章を、私は連想した。

 この影の描写は、小さな粗悪な図版ではまったく感知不可能であるので、19世紀以来あまり考える人がいなかったのも無理はない。

 できるだけ良い写真を使ったがそれでもまだ、明確に示したとはいえないが、とにかく主張しておく。



# by reijiyam | 2015-08-30 16:50 | ニュースとエッセイ | Comments(0)