<   2006年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

器形拓 と呉石潜

一応、秦漢金文録にのっている漢時代の洗(洗面器)を拓本で表したものである。
底に篆書で「吉羊」という文字と妙な鼎の模様がはいっている。後漢?
立体感を拓本であらわすこの技法は、
器形拓というが、こういう技術は意外と知られていないもののようだ。
前、博物館の人と話していたときも、「珍しい」ような感想を漏らしていた。

左下に西レイ印社の仕掛け人、呉石潜の印がある。この人はどちらかというと企業家という感の人で、イマイチ信頼度に欠けるのだが、まあ一応有名人のようだから、、


e0071614_8503531.jpg
e0071614_8504678.jpg

by reijiyam | 2006-11-16 08:52 | 蔵書