カテゴリ:日記( 73 )

シンディ・ローパー 18日に東京でコンサート

e0071614_2143087.jpg



シンディ・ローパー、来日「力を貸して」 

飛行機の中で地震を知ったみたいだが、コンサートをキャンセルもせず、チャリティにかえるところは、胆力があるというかみなおした。
  米国が大使館員家族や会社員に万一をそなえて関西への待避を指示している時点で米国人女性歌手が渋谷オーチャードホールでコンサートですよ。怖じ気づいて成田から逃げてもだれも非難しないだろうに。

シンディ・ローパー、来日ツアー続行

  昔、実はコンサートに行ったことがある。1989/09/18? 日本武道館だったと思う。この人はフランス系らしいが、なんというかアクのないというか米国人の良いところを体現してるね。ずいぶん小柄の人だよ。
 英語も米語というより、もっと聴きやすい。それで、英語習得のため聴いていたことがある。へんな秘境オカルト映画「ヴァイブス秘宝の謎」にもでてたなあ。あの映画でも割と好感もったんだが。。シンディ ローパーにとってはあの映画はあまり良い経験じゃなかったらしい。50こえてるみたいだが、あまり写真の印象が変わらないね。

  イメージは、なんと25年ほど前のカセットテープ[TRUE COLORS] 1986 Portrait Records/CBS ORT 40313
by reijiyam | 2011-03-19 21:06 | 日記 | Comments(0)

少し改善

エキサイトブログが落ちてた。。。。

  まあ、みずほATMがおちるのだから無理ないか? おそらくどこかのセンターの電源というより、センターへ直結する通信業者の通信線切り替え装置の電源がおちたか?

一応の安定 5号機冷却機能回復

かなり、好転してきたようだが、

不明なところが多すぎる2号機 と 燃料プール発熱が大きい4号機の問題をかかえているので、まだ安心など到底できない。

東電以外の応援部隊の活動・連携がわりとよくなっているようなのが救い。
by reijiyam | 2011-03-19 21:02 | 日記 | Comments(0)

原発対応が先にきまっている

 毎日新聞が  官邸が原発事故対応が先になっていて  被災者対応がおろそかになっていると批判しているが、馬鹿としかいいようがない。

 もし、悪化して30kmが60km、80kmになったらどうなる、避難民だけでも三倍四倍十倍になる。東京がパニックになったら、到底おさえきれない。

  くやしいが、現状「官邸が原発一色」は正しい。
by reijiyam | 2011-03-19 09:44 | 日記 | Comments(0)

赤十字で募金

 日本赤十字で 東日本大震災募金をしてきた。他の藻金・義援金も結局 日本赤十字にいくことが多い、ここが一番、信頼できそうだから。なにしろ募金詐欺 義援金詐欺がある時代だからねえ。
by reijiyam | 2011-03-18 20:57 | 日記 | Comments(0)

危機のときマンガは読めない

 マンガは割と読んでいるのだが、こういう危機のときは、なぜか全く読む気になれない。
雑誌も買わない。
 それ以外の感情が脳にいっぱいになって、仮想の刺激やイメージを必要としなくなるのだろう。

  戦争のときは、エロ本や暴力モノなどは衰えるという話をきいたことがある。
by reijiyam | 2011-03-18 11:15 | 日記 | Comments(0)

東京電力 現場当事者の日記

コピペですが、おそらく真実のものだと思います。名前をねんのため削除しました。
**** ***


[みなさんへ]

今日の朝方 発電所から避難させられ福島の親戚の家で家族と合流しました
とりあえず私は無事です

お前だけは安全な所へ行け…と言われ泣きながら企業さんの車で発電所をあとにしました

東電はすごく叩かれてる…
でも逃げずに命懸けで作業を続けてるのも東電です
どうか非難しないで下さい

私も東電の社員として福島第二原発の所員として昨日まで現場対応にも参加してました
大津波警報の中 夜中の3時で足元も見えないまま死ぬ覚悟で海の目の前での復旧作業…
冷却機能のある機械は海側のため津波でやられてしまいなんとか復旧しようとみんな必死でした
みんな疲労と空腹と戦いながら足を引きずりながら作業にあたっていました
冷却機能を復旧できなければ第二原発も第一原発のような爆発が起きていました
それを防いで全号機冷温停止させたのも東電です
発電所を見捨てて逃げればこんな状況では済まされません
逃げずに立ち向かっているんです
津波の影響は想像を遥かに超えていました
地震だけであれば第一原発の爆発も起きなかったんです

みんな自分の命を顧みず 停止する作業に全うしてます
多々噂があるけど避難勧告の圏外にいれば健康に影響ある程浴びる可能性は低いです

健康に影響がある程浴びるのは発電所で頑張ってる作業員のみんなです
寝ず食わずで現場に行っています
噂に左右されず 避難勧告圏外へ避難して外気になるべく触れないようにして下さい

彼氏は今もずっと発電所で夜勤を続けてます
今はただ皆の安全を祈るしかできない…
一番怖いのは発電所で作業している皆です
逃げずにそれに立ち向かっているのは東電と関係企業さんです

家族との連絡がつかない人もたくさんいるけど現場へ向かい作業をしてます

それだけは忘れないで下さい
一人でも多くの人に知って欲しい
悪用防止の為コピーではなくURL公開して下さい
発電所のみんなは逃げずに今も戦っています
住民の皆様には不安な思いをさせて大変申し訳なく思っています
誹謗中傷覚悟の上で名前も載せます
皆を守る為自分の命と引き換えに今も作業をしている人がいます

こんな状況ですが 自分の命を顧みず立ち向かっているみんなを見て 一緒に復旧作業に当たることができて 東電社員であること 福島第二原発所員であることを誇りに思います

早く発電所へ戻り復旧作業に行きたいです

東京電力
福島第二原子力発電所
電気機器グループ
by reijiyam | 2011-03-18 08:53 | 日記 | Comments(0)

諦めない

原発周辺 放射線量は微減傾向

茨城でも確かに減少している。これ以上悪化はいないでくれー。。

03月15日 06時40分 ひたちなか市堀口 1527北北東<-2号機爆発音のあと
03月16日 07時00 ひたちなか市堀口 2065 北北東 3.6 4 <-4号機 炎 前後
03月17日 08時50分 ひたちなか市堀口 958西南西1.1
03月18日 08時00分 ひたちなか市堀口 820 北北東 2.4
by reijiyam | 2011-03-18 08:22 | 日記 | Comments(0)

現時点のまとめ;産経新聞記事

<福島原発>綱渡りの放水作戦;産経新聞記事

まあ、よくまとまっている。
 
 5.6はともかく2に電源つけて大丈夫?という気もするが、あれは実はそれしか道がないようだ。
10のうち9が死地という感じ。

 あれだけこわれた、1,3,4号機に電源つけて動くの?というより、新しいポンプつけてやるのかなあ
by reijiyam | 2011-03-17 21:58 | 日記 | Comments(0)

ひょっとしたら好転

NHKニュース

・自衛隊ヘリ 3号機に水を投下
政府の対策本部からの要請を受けて、自衛隊は、17日午前10時前、福島第一原子力発電所の3号機へのヘリコプターからの水の投下を始めました。

・警視庁の放水車(現地)

・自衛隊の放水車(各地から集結中)

・外部電源 午後から一部復旧目指す


 政府・自衛隊・東電の連携が格段によくなった。また援軍が実際に仕事をしたことで現地チームの士気が絶対に上がったはず。現地チームがデスペレートになってしまっては全てが終わってしまう。

首の皮1枚でつながったかも?? 

*******

  「実は、 単に風向きだけの話しかもしれないが、福島第一・第二原発 ニュースで水蒸気をかなり撮影したわりには、茨城県の測定値があがってない。ひょっとしたら。」と書いたが失望すると嫌だったのでUPしなかったのが08:50。 これはヘリをやる前である、、偶然 放射線が小さくなっていた幸運かもしれない。神々に感謝。

03月15日 06時40分 ひたちなか市堀口 1527北北東<-2号機爆発音のあと
03月16日 07時00 ひたちなか市堀口 2065 北北東 3.6 4 <-4号機 炎 前後
03月17日 08時50分 ひたちなか市堀口 958西南西1.1
by reijiyam | 2011-03-17 12:16 | 日記 | Comments(0)

第6には電源あり

2011年03月16日
NHK速報

・第5で 原子炉内水位低下 ただ、まだ燃料棒の上、2m以上冠水している。
・ヘリコプターでの注水困難:ビル消防車が必要?

 どうも、第六では非常用電源が生きていて、なんとか動いているらしい。その電源を第五にも適用して 安定化させるとのこと。
  この電源は、重油か軽油による発電機だろうから、油切れしないようにしないととてもまずい。それさえなければ、5.6はひとまず安定

  6はうまくすると冷温停止するかもしれないから、5に優先的に電源をふりむけることができるかもしれない。もっとも6でも使用済み核燃料プール循環給水はしないといけないから、きるわけにはいかない。
by reijiyam | 2011-03-16 06:54 | 日記 | Comments(2)