カテゴリ:蔵書( 138 )

馬姜墓誌

e0071614_14203446.jpg



戦前では、中国最古の墓誌とされて、趙萬里の著録 漢魏南北朝墓誌 にも細かく記録された

ACB106の「賈武仲妻馬姜墓誌」である。

いまでも女性の墓誌としては一番古いらしい。


あまり良い拓本イメージをみかけないので、羅振玉の印のある羅振玉監拓本のイメージを提供する。

原石は遼寧省博物館にあるらしいが、かなり摩滅してしまっているようだ。


この、馬姜 という女性、同名の人が最近マンガにでているらしいが、寡聞にして同じ人であるかどうかは不明である。
by reijiyam | 2013-10-14 14:21 | 蔵書 | Comments(0)

鮑燕造塔記

これは、北魏 太平真君3年(ACE442)の小さな石塔の台座に彫られたものです。
鮑燕造塔記 この「燕」という字はほんとにこう読むの?この読み方には色々異論があるようです。

北魏のごく初期の石刻文字は意外と少ないので珍重されています。この石の台座の現物は東京鶯谷の台東区書道博物館にあります。
http://www.taitocity.net/taito/shodou/

この拓本(上)は、中国にあったころにとられたものらしく、かなり濃くハッキリとっています。

一方、書品138号 昭和38年3月 掲載の図版(下)は、ちょっと薄くとっているせいか摩滅が進んでいるのかやや読みにくいものになっています。

西川寧氏が注目していたこともあり、ちょっと珍しいと思って紹介してみました

e0071614_925887.jpg



e0071614_9255575.jpg

by reijiyam | 2013-07-14 09:28 | 蔵書 | Comments(0)

薦季直表

ずいぶん前、
薦季直表 墨跡 http://reijibook.exblog.jp/886183/
で、紹介したものだが、写真をとりなおしたので、全貌を紹介しておく。

これは、壮陶閣法帖に挟まっていた1枚の写真を王壮弘 氏(1931-2008)が発見したもので、上海書画出版社の「書法」1984年第6冊の特別別刷り附録。


e0071614_10143135.jpg



e0071614_10153533.jpg


e0071614_10161780.jpg

by reijiyam | 2013-05-29 10:20 | 蔵書 | Comments(0)

残本・零本・端本・不全本 その1

e0071614_9184710.jpg




  まえ、宣和畫譜で欠失部を補う修理の例を出した。
抱残守欠 宣和畫譜 http://reijibook.exblog.jp/16049458/

しかし、全くの、零本、何十冊のうち1冊だけ残った本でも、結構面白いので持っている。このようなものは古本としては絶対売れないので、かえって純粋な楽しみで読書できるものだ。


御定歴代題畫詩類 第32-41、故実類
 どうもこれは、乾隆内府精刻本というものらしい
  内府本にしては地味な竹紙である。
  24.5x16cm

  全120巻 冊数としては20冊ぐらいのものの1冊だけがある。


  古画の題跋や賛を集めてあるのだが、現実に絵画本体にあたったわけではなく文献から集めたもののようにみえる。
  絵画本体が模写や偽作である可能性もあるのだが、歴史のある時点でそういう絵画があったという想像の資にはなる。


 
by reijiyam | 2012-08-22 09:19 | 蔵書 | Comments(0)

俵屋宗達の資料

一条兼遐書状( 後水尾院勘返状)』の出現は、戦後すぐでした(森暢「宗達の一資料」『大和文華』第一号  昭和26年6月::

寛永7年。一条兼遐が後水尾天皇に少年の元服についてと宗達に注文した屏風のことを質問し、天皇が禁中の後文庫から返事を手紙の上に書いておくりかえしたものである。昔の手紙ってメールの返信みたいだね。

その後、あまり宗達の良い資料がでていないようだが、この書状にある 楊梅図 あるいはその模写本が残っているという記録が  林進::日本近世絵画の図像学 にあるらしい。。

ただ、この手紙の図版は実はあまり良いものはない。大和文華』第一号のものからイメージにしておきます。

e0071614_9521973.jpg

by reijiyam | 2012-06-27 09:53 | 蔵書 | Comments(0)

佛足石歌碑の拓本

 日本古代の金石の拓本にも、重刻というか偽物というか、そういうものが結構あるようだ。
 佛足石歌碑 の拓本はもっていないんだが、古い石印の原寸大 複製がある。もちろんこの複製自体が偽物ってことも考えられるが、最近、できの悪い偽物のようにみえるものをネットでみたので、ここで、同じ場所を並べてあげてみる。こっちは手で模刻したものではなく、写真技術を併用したんじゃないかなあ、と思った。
 文字や線はそっくりだが、石の凸凹による濃淡・影がない。

   
e0071614_20162864.jpg


   
e0071614_20164888.jpg

by reijiyam | 2012-06-09 20:18 | 蔵書 | Comments(0)

本物らしい法隆寺金堂釈迦三尊光背銘拓本

日記の2011年04月26日に
法隆寺の拓本の真偽
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/44552883.html
という記事で、貧架の拓本はわりといけるかもしれない、と書いた

2011年4月30日に法隆寺大鏡のコロタイプ写真をアップしていた。
法隆寺の拓本のもとは
http://reijibook.exblog.jp/14693516/

再度、現物写真と詳細に校合した結果、本物だろうと思うようになった。

その理由は、まず2行目下部の「上宮」の宮の右脇に曲がりくねった傷があるが、これが一致していること。

e0071614_77848.jpg


e0071614_781259.jpg



もっとも、文字に近接した破損は亜鉛版や模刻でもしばしば忠実に再現することがある。
そこで、更に確実な証拠として、4行目末尾の「深」の右脇にある長方形の短冊のような跡がある。これはおそらく鋳物にいれた支えの跡で、他所にもあるが、拓本にはほとんどでないのだが、ここに限ってはかろうじて拓本にでている。こういうところまで再現することはまずないので、一応信用することにした。

e0071614_794247.jpg

e0071614_795936.jpg

e0071614_7141965.jpg

by reijiyam | 2012-05-15 07:16 | 蔵書 | Comments(0)

阮元の高弟所蔵の金石

 最近、某サイトで阮元の高弟  陳経が自分のコレクションを図示した求古精舎金石図という本の(嘉慶18年序)のイメージをみた。

e0071614_10195456.jpg


 これは、1世紀ごろの文字入りレンガの文字を模写し木版画にしたものだが、まさに同じもの、それも木版ではなく陳経自身が採った拓本が貧架にある。

e0071614_10201992.jpg


 「陳経」の印もある。この拓本を収録した冊には他にもレンガ文字の拓本があり「求古精舎」という印もあるものがあるので、嘉慶ごろ、陳経の手拓を多く含んでいるものであることは間違いなさそうだ。私は、この冊を、仮に嘉道名流蔵セン と名付けているが、この名を確実にして良さそうだ。

e0071614_10214467.jpg





まあ、こういうレンガの文字というのは、当時の公文書や手紙の文字と違ってかなりレタリング的なものなので、こういうので書道史を構築したんじゃいけないのだが、嘉慶道光ごろでは、西域出土残紙も呉の木簡もないので、こういうものから王羲之時代の書を想像したりしたわけである。

その結果が 阮元の大胆な理論や李文田の蘭亭偽作説になったわけで、それはそれで研究史として非常に面白いものである。現在もまたなんらかの誤解・情報の歪みにおちこんでいるのかもしれないと自戒するところではある。
by reijiyam | 2012-04-06 10:23 | 蔵書 | Comments(0)

仏日庵公物目録

この鎌倉円覚寺にある佛日庵公物目録は、南北朝時代貞治二年同四年 足利義満が将軍になる少し前の記録で、
日本における中国絵画・器物・古陶磁・漆器・唐物の研究にはよく言及される文献である。

鎌倉遺文 には入っているのだろうが、 [昭和8] 刊(コロタイプ).巻子本から、全貌を紹介してみたい。

ネットでは、活字での紹介もないと思う。


e0071614_14122433.jpg


e0071614_14124515.jpg


e0071614_1413993.jpg


e0071614_14214135.jpg


e0071614_1422988.jpg


e0071614_14224530.jpg


e0071614_14231218.jpg






e0071614_14134684.jpg

by reijiyam | 2012-03-04 14:14 | 蔵書 | Comments(0)

蘿軒變古箋譜

e0071614_9363349.jpg


明時代末期  天啓6年の序があるこの本は2冊完本(たぶん)が上海博物館に1963年に入った。
 木版画で制作した模様や絵のある便箋のサンプルを集成して本にしたものである。

従来、知られていたのは 東京芸術大学にある下冊だけの1冊で、大正12年に大村西崖が図本叢刊の一つとして複刻した(上のイメージ)。この複刻はなかなか良いもので、浮世絵の伝統の上に立って刻工、印工の名前まで入っている。大村氏邸宅は今の神楽坂近くにあったようだ。
この大村西崖氏については、矢代幸雄氏が「忘れえぬ人々」というエッセイ集の一つに生き生きとした思い出を書いている(矢代幸雄著作集に収録)

大正12年1月10日印刷15日発行
大村西崖
   東京牛込矢来町3
刻工 前田賢太郎
印工 本橋貞次郎
 東京京橋銀座3丁目20


ここで、この本に付属したチラシを紹介しておく。こういうものは散逸しやすいものだ。

e0071614_9375722.jpg



 この蘿軒變古箋譜は一部にエンボッシングを使って模様を表している。例えば上の絵の真ん中の鳥はこうだ。

e0071614_9383959.jpg


  また、こういう容器をさりげなくエンボッシングしているのが上品高雅である。

e0071614_9391931.jpg

ところで、大村氏は蘿軒という号から康煕年間の翁嵩年と考えていたのだが、実は上冊には、天啓年間の序があって、呉發祥 の作だということがわかった。同じ蘿軒という名前を使っていたので間違えたのだ。呉發祥 自体、南京の地方の記録にしかでてこない人であったのだから、間違うのも無理はない。

2冊本を収蔵してる、上海博物館も複刻本を出版している。大きな本だったし高価でもあったので、入手してはいないが、ちょっと派手な色になっている。ただ、現在ある本は、350年以上の時間で染料顔料が褪色しているだろう。そういうことを考えると上海がかなり派手に再現したのも間違いとは言えないのかもしれない。

e0071614_940959.jpg

一方、上海博物館では、蘿軒變古箋譜の一部を使って、本物の使える箋紙を発売したことがある。
これは友人が買ってきたものだが、少し強引に奪うようにして譲ってもらった。
あまり手の込んだ頁ではなく、簡単な動物のところだけを使ったものだが、箋紙そのものなのが嬉しいものである。
by reijiyam | 2012-02-20 09:46 | 蔵書 | Comments(0)