2015年 04月 10日 ( 1 )

玲児の中国絵画入門 12 文徴明




鳥瞰図で文字だけであげたものを実例で絵解きする続き。
ただ、これも、あまり しっかりした解説ではなく、ゆるい感想程度ね。


蘇州の沈周 文徴明、仇英, 普通はこれに唐寅をいれて、四大家とかいうんですが、どうも唐寅の絵にそれほど時代をリードし抜きんでたものを感じないんで、除きます。
 ここで、面白いのは、この三人、まあ四人でもいいんですが、皆、高位高官の役人ではないことです。仇英は純粋な職業画家で、一説には文盲だった(そんなわけねーだろ)というぐらいです。文徴明は科挙にずーっと失敗し続けた浪人で、友人の推薦で一時、北京の翰林院で仕事をしましたが周囲から冷遇され短期で切り上げて蘇州にもどりました。沈周は大地主で、地方の顔役でしたが庄屋的な役職についたぐらいの人です。商人の息子:唐寅は超優秀で科挙試験でトップ及第を繰り返して驀進、北京に試験にいったのはよかったが、不正事件に連座して失脚、その後は在野生活。なんか不平王族の幕僚に招聘されたことはあったようですが、反乱事件にまきこまれそうになって脱出しました。
 文人画の典型といわれるような文徴明・沈周にしてもこうなんですからね。

1999年に書いた

文人画とは何か

という小文にさして間違いはありませんでした。
要するに「高位高官が余技で描いた絵」というのは嘘だったということです。

蘇州の沈周 文徴明、仇英を一緒に書くのはしんどいので、分割してあげます。

 さて、やはりこの蘇州の画家のうちでは文徴明(1470-1559)が一番重要です。なぜなら、彼は一つの様式を建設して、後輩の蘇州の画家は皆、追随し、その影響は清末の画家まで及んでいるからです。教養ある画家が倣うべき一つの様式を作ったということは偉大なことです。
 また、書画が一体になった芸術作品を沈周とともに作っていますね。元末四大家は呉鎮を除けば、そう能書家とはいえませんでした。むしろ元初の趙子昴が書画一体といえないこともないのですが、保存の良い趙子昴の書画合壁が少ないのが残念です。趙子昴の近くにいた元の朱徳潤「秀野軒図巻」(北京故宮博物院)も書画合壁ですから、趙子昴→沈周文徴明という線での伝承なのでしょう。書画合壁が盛大になったのはやはりこの時代の蘇州からでしょう。
 文徴明の周りには多数の画家が集まり相互に影響を与えたり追随したりして、文徴明逝去後も様式を伝え「呉派」と呼ばれました。

孤立した天才の仕事ではないので強力に後世に影響を及ぼしました。当然、代作や偽作、模写、も多かったと思います。

文徴明の代表的な作風は、やはりこの「江南春」(台北國立故宮博物院)の繊細優美なカラリストぶりではないでしょうか?このような絵は、彼以前に描かれたことはないと思います。


e0071614_9592674.jpg


e0071614_9585873.jpg


また、その一方、特に晩年作に大胆で強靱な古木などの絵がめだちます。例えばこの古木寒泉(台北國立故宮博物院)
ホノルルの七星檜も有名ですが未見です。これは趙子昴の絵の模写ということになってますが、模写なのかなあ?

この辺の様式変化 整合性をどうとらえるかは、まだよくわかりません。

e0071614_9595920.jpg


by reijiyam | 2015-04-10 10:03 | 中国絵画入門 | Comments(0)