柴舟秘蔵の古経断簡

「古経断簡 伝魚養筆」  昭和15年5月2日 泰東書道院出版部  尾上柴舟先生秘蔵

という小さな折り本がある。
この書が、写経としては群を抜いて優れているので、古筆や写経なんかいくらでも手に取れた尾上柴舟があえて秘蔵したのだろうと思う。
智永・虞世南を思わせるところがある。智永の谷本と比較しながら臨書してみたが、ところどころ良く似ている。「水」とか. 一方、欧法を思わせる字もある。「法」とか。
 手本としても面白いし、あまり印刷されてもいないようだから、全部紹介してみよう。まず3開分。
前にも一度言及したことがあるが、できたら、現在存在しているのか、実物はどこにあるのか?、一度鑑賞出来る機会はないか?  ご存じの方いたらご教示ください。

e0071614_10384850.jpg





e0071614_10393959.jpg



e0071614_1040855.jpg

by reijiyam | 2008-08-03 10:43 | 蔵書
<< 柴舟秘蔵の古経断簡 :完 天龍山 維摩居士 >>