翻刻左繍叙

貫名海屋の翻刻左繍叙は有名な割に図版が少ないので、
大正2年5月の法書会 書苑 2巻4号から、図版を紹介してみる。
当時は日下部鳴鶴 所蔵であったことも有名にした一因であろう。
e0071614_19415636.jpg



e0071614_19423486.jpg

by reijiyam | 2008-05-15 19:43 | 蔵書 | Comments(0)
<< 薬師寺東塔サツ銘 万葉集 >>