朝日新聞 重要紙面の75年 その2

創刊以来の重要紙面をピックアップして縮刷した興味深い本です。
1943年、太平洋戦争で、多くの兵士が餓死病死した悲惨なガダルカナル島の戦いの報告紙面をみてみましょう。
昭和18年2月10日です。
昭和29年4月5日 第五版の出版ですので、著作権はとっくに切れております。内容を紹介できるのは、幸いです。
「新作戦の基礎確立」だそうです。そんなものあったのか?
「転進」だそうです。
「戦略線微動もせず」 力強い保証です。
「勇戦鬼神も哭く」、名文です。哭く(なく)は「泣く」で慟哭というやつです。
「敵を恐怖の坩堝へ」ならなんで転進?

e0071614_13401817.jpg

by reijiyam | 2007-09-17 13:41 | 蔵書
<< カッティングと手鑑 朝日新聞 重要紙面の75年 >>