蘇塘消暑図

e0071614_921551.jpg
  このいかにも涼しい穏やかな色紙は北京の女流画家 周思聡(1939-1996)の作品らしい。画風もそっくりである。「蘇塘消暑図  辛酉 思聡 墨戯」とサインがあるから、1981年の作のようだ。
思聡は、たぶん論語  季氏篇 「君子有九思、視思明、聴思聰、、、」からとったのだろう。本名だとすると、士大夫、官僚階級の出身だろうから、文革中は苦労したと思う。後には、中国美協常務理事、北京美協副主席になっているから、一応報われてはいるようだ。

ずいぶん前に、東京の古書展で、汚い色紙の束の中から拾い上げたものだ。相当冷遇されていたのか、カビのシミが多い。
by reijiyam | 2007-08-22 09:22 | コレクション | Comments(0)
<< 紙 古版本と古写本 呉大徴隷書冊 >>