昌陽巌刻石

e0071614_2226414.jpg
e0071614_22261972.jpg

e0071614_22273438.jpg


校碑随筆などの著録にはあるのだが、図版すらだれもみたことがない、漢の刻石のイメージを神州国光社のコロタイプ影印本で紹介する。端方 旧蔵本である。こういうもので、感じるのだが、清時代の金石家は、ひょっとしたら、「へたくそな碑文」は漢時代の書であるわけがないという思いこみでフィルターをかけていたのではないだろうか?
そのため。前漢の碑文が無闇に少なくなってしまったのではないか?と思うところである。これはかなり文字も良く、みどころがあるせいか、著録にものっている。
by reijiyam | 2007-04-06 22:29 | 蔵書 | Comments(0)
<< 昌陽巌 その2 台東区書道博物館の 三国志断片 >>