四川画象磚と文献

最近、安価に入手した四川画象磚の拓本だが、教科書や歴史の本などにも出るような割と有名なものなので、
ひょっとしたら模刻だとまずいと思った。そこで文献と照合した。
1. 重慶博物館 編,重慶博物館所蔵四川漢画象磚選集  文物出版社, 1957
2. 高文 編, 四川漢代画象磚  上海人民美術社, 1987
である、面白いことに所蔵先が2つで違う。2.では成都市博物館である。2点あるのかと思ったが、どうみても同じものなので、
もともと成都近郊出土のこの画象磚を成都へ返したということらしい。京大の拓本サイトにも同じ拓本があるが、少し周囲の紙をケチっている。
 http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/db-machine/imgsrv/takuhon/type_g_b/html/g01-06.htme0071614_165547.jpge0071614_1652879.jpg
by reijiyam | 2006-09-06 16:07 | 蔵書 | Comments(0)
<< 聊斎志異 四家蔵墨図録 >>