殷虚古器物存真

e0071614_1355947.jpge0071614_1361832.jpg河南省博物館の関百益が制作した図録だが、皆実物の拓本を貼りこんである。殷虚なのに甲骨文がまったく入ってないのは、たぶん意図的なものだろう。白陶の拓本や骨角のかんざしなどの拓本もある。故マックス=レール教授の所蔵本だったもので、教授の蔵書印がおされている。
by reijiyam | 2006-04-27 01:37 | 蔵書 | Comments(8)
Commented by higuchi at 2006-09-10 17:24 x
はじめまして。
↑「河南博物館館刊」の部分です。
北京図書館で撮影して貰いました。(古いものなのでコピー不可でした)
関連するものをたまたま持っていたので、UPします。
Commented by higuchi at 2006-09-10 17:27 x
http://homepage2.nifty.com/furo/img/38.jpg
失礼。
Commented by 山科 at 2006-09-11 18:25 x
higuchi 様
貴 url では 表示できないようです。
正しいアドレスをご教示ください。
Commented by higuchi at 2006-09-11 19:06 x
流れてしまったようです。
こちらをご覧ください。
http://pc.gban.jp/?p=5782.jpg
Commented by 山科 at 2006-09-11 20:58 x
これもだめのようです。
uo版オッチャンネル
http://up.nm78.com/
あたりならいいのではないですか
Commented by 山科 at 2006-09-12 09:45 x
ようやく
http://pc.gban.jp/?p=5782.jpg
をみることができました。
ありがとうございます。

殷虚文字存真のほうは、1冊50元という価格からして
実拓本のようですね。

器物存真も実拓なのですが、6元とはずいぶん安いように思いました。
あるいは石印かコロタイプ本を別にだしたのかもしれません。
Commented by higuchi at 2006-09-12 13:35 x
「文字」の方は、全8巻ですが、完結していません。
北京図書館で実物を見ましたが、とてもきれいなものです。
日本では京都大学が収蔵しているそうです。
一巻のみ「考釈」があります。

Commented by 山科 at 2006-09-12 23:34 x
資料、ありがとうございました。
私も、羅振玉のスタッフが採った甲骨拓本をほんの少しもっているので、
そのうちアップします。
<< 延光室 のカタログ 太田切 の複製 >>