献辞本


花耀亭日記
http://blog.goo.ne.jp/kal1123

さんが、面白い記事を出していたので、当方も献辞本のイメージを少し出してみることにしました。

一応、「蔵書」と銘打っているので、

まず、面白いと思うのは、

故宮博物院院長 故 蒋復そう 先生(1898-1990)
肖像写真は、こちら
https://www.npm.gov.tw/ja/Article.aspx?sNo=02000049
の献辞で、これは、
論語  覆宋元刊本のレプリカ本です。
台北の故宮博物院が一九七〇年に刊行したものです。
どちらかというと羅振玉の書に似た、神経質な感じの書風ですね。

e0071614_1092552.jpg


e0071614_1010390.jpg


次が、物故した20世紀の作家 Julien Gracq
  https://en.wikipedia.org/wiki/Julien_Gracq

e0071614_10104232.jpg


 これは、ダダイスト  シュルレアリストとして有名なスーポーの甥、ジャン=ミシェル スーポーへの献辞のようですね。


もう一つ、書道家書道史家の、故 松井如流 先生の献辞もあげてみます。松井先生の名著
「中国書道史随想、二玄社」に書かれていたものです。

e0071614_1011491.jpg


 温顔がしのばれる良い書風だと思います。

 最後に、、印刷本ではなく精写した写本の唐詩三百首をあげてみます。
 王長春氏の献辞がついてます
e0071614_10202474.jpg

e0071614_1021651.jpg


王長春氏の献辞とその生涯については、こちらに書きました
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/96615921.html




by reijiyam | 2017-02-04 10:21 | 蔵書 | Comments(0)
<< ローディ コレクションのカラヴ... 十七帖の翁萬戈本と中村不折本 >>