平安時代の鐘元常


  数十年前、神田一誠堂で買った写経, 大般若経 1紙。

 大般若波羅蜜多經卷第二百七十二   初分難信解品の一部

部分拡大イメージ と 全体を出してみます。たぶん平安時代の僧の写経だと思います。

この右周りの筆使い、丸い太めの点画、平べったい字形など、伝統的に魏の鐘元常の書と呼ばれているものに近い感じがします。


  
e0071614_1323398.jpg



  
e0071614_1314026.jpg

by reijiyam | 2012-06-24 13:03 | コレクション | Comments(0)
<< 俵屋宗達の資料 紅楼夢の竹彫:毛彫り >>