蘿軒變古箋譜

e0071614_9363349.jpg


明時代末期  天啓6年の序があるこの本は2冊完本(たぶん)が上海博物館に1963年に入った。
 木版画で制作した模様や絵のある便箋のサンプルを集成して本にしたものである。

従来、知られていたのは 東京芸術大学にある下冊だけの1冊で、大正12年に大村西崖が図本叢刊の一つとして複刻した(上のイメージ)。この複刻はなかなか良いもので、浮世絵の伝統の上に立って刻工、印工の名前まで入っている。大村氏邸宅は今の神楽坂近くにあったようだ。
この大村西崖氏については、矢代幸雄氏が「忘れえぬ人々」というエッセイ集の一つに生き生きとした思い出を書いている(矢代幸雄著作集に収録)

大正12年1月10日印刷15日発行
大村西崖
   東京牛込矢来町3
刻工 前田賢太郎
印工 本橋貞次郎
 東京京橋銀座3丁目20


ここで、この本に付属したチラシを紹介しておく。こういうものは散逸しやすいものだ。

e0071614_9375722.jpg



 この蘿軒變古箋譜は一部にエンボッシングを使って模様を表している。例えば上の絵の真ん中の鳥はこうだ。

e0071614_9383959.jpg


  また、こういう容器をさりげなくエンボッシングしているのが上品高雅である。

e0071614_9391931.jpg

ところで、大村氏は蘿軒という号から康煕年間の翁嵩年と考えていたのだが、実は上冊には、天啓年間の序があって、呉發祥 の作だということがわかった。同じ蘿軒という名前を使っていたので間違えたのだ。呉發祥 自体、南京の地方の記録にしかでてこない人であったのだから、間違うのも無理はない。

2冊本を収蔵してる、上海博物館も複刻本を出版している。大きな本だったし高価でもあったので、入手してはいないが、ちょっと派手な色になっている。ただ、現在ある本は、350年以上の時間で染料顔料が褪色しているだろう。そういうことを考えると上海がかなり派手に再現したのも間違いとは言えないのかもしれない。

e0071614_940959.jpg

一方、上海博物館では、蘿軒變古箋譜の一部を使って、本物の使える箋紙を発売したことがある。
これは友人が買ってきたものだが、少し強引に奪うようにして譲ってもらった。
あまり手の込んだ頁ではなく、簡単な動物のところだけを使ったものだが、箋紙そのものなのが嬉しいものである。
by reijiyam | 2012-02-20 09:46 | 蔵書
<< 仏日庵公物目録 淳化閣帖 最善本の印影 >>