抱残守欠 石門のマイナーな漢隷磨崖

石門頌や開通褒斜道刻石で有名な石門の磨崖に、

  李君通閣道磨崖、あるいは右扶風丞[木建]為李□表という磨崖刻石がある。一応石門十三品にはいってはいるが、摩滅がひどい上にあまりマイナーなのでろくに影印もないぐらいである。
なんで、こんなものに興味を持ったかというと、昔、タダでもらった拓本があって、これが清末の呉大徴がこの刻石を重刻したものの朱拓であった。ずいぶん汚れた装幀だったのでやっかいもの扱いだった。重刻のうえに傷んで汚れていたのであまり珍重されなかったんだな。長崎にきてから、ようやくこのような折り本仕立てにしてようやく捨てられる危険からは逃れたといえる。
 呉大徴は現地で刻石をみ、蘇州で自ら重刻したぐらいだから、かなりいれこんでいるのだろう。楊淮表記のような感じの字ではあるが、かなりたよりない。


e0071614_8104756.jpg



e0071614_8102070.jpg



e0071614_8113843.jpg
e0071614_812498.jpg
e0071614_8122266.jpg


最近偶然入手したこの原拓もある。いうまでもなく、重刻もってなきゃわざわざ入手はしなかっただろう。
 こちらでは上にある線の上に1字文字がある。「表」のように読めないこともないので、増補校碑随筆は「額がある。額は『表』字だけが残っている。」と書いている。この「表」字を根拠に名称を「右扶風丞李[木建]為李□表」としている。

 ひどく摩滅しているので、重刻や釈文を頼りに読むと、なんとなく読めるようなきがする。これも本末転倒といえばそうだ。

増補校碑随筆では「壊れた」と書いてあるが、漢中博物館に移設されているようだ。ただ、現地の研究者らしい鄭榮章の本では上の『表』1字については何も書いていないので、ひょっとしたら移設のときかそれ以前になくなったのかもしれない。それを考えるとこういう旧拓の価値もないとはいえないだろう。


e0071614_1865650.jpg

by reijiyam | 2011-10-30 08:19 | 蔵書
<< 神龍蘭亭の変身 朱曼妻買地券 再 >>