福島原発1号 中央制御室電源回復

多くの現地要員「東電・自衛隊・消防」の英雄的活動によって、 

福島原発1号 の 中央制御室の電源が回復した。そうとう毀れた機器もあるようだが、朗報だろう。
14日夜・15日 ごろの絶望的な感じからは、六割方きりかえした。

 多くの不安要因: 2号の容器破損、3号の発煙、4号の燃料プール異状・燃料もれ、などがあるが民主党幹部がアホな介入をしない限り、首の皮1枚でもつなげることを期待できるかもしれない。

 現在のところ悪いほうのニュースは 一号機 炉心高温 冷却強化 ぐらい

  複数の危険箇所を対処するのは、なかなか難しいだろうが、見落としないように祈っている。
by reijiyam | 2011-03-23 09:40 | 日記
<< 福島原発1号 2号炉が不安 福島原発1号 外部電源ひきこみ >>