物干し

  洗濯物を干している。こういう日常的な描写が描かれるのは、他の文化圏の宮廷芸術では非常に珍しい。しかも十二世紀だ。平家時代の 扇面法華経 挿絵。
  こういうところが日本の美術の強みだと思う。

 平家納経のパセティックな感じよりも、こちらのほうがよりよいかと思った。
e0071614_14244123.jpg

 
by reijiyam | 2011-03-21 14:24 | 日記
<< 夏かな 楽観主義は意志のもの >>