第6には電源あり

2011年03月16日
NHK速報

・第5で 原子炉内水位低下 ただ、まだ燃料棒の上、2m以上冠水している。
・ヘリコプターでの注水困難:ビル消防車が必要?

 どうも、第六では非常用電源が生きていて、なんとか動いているらしい。その電源を第五にも適用して 安定化させるとのこと。
  この電源は、重油か軽油による発電機だろうから、油切れしないようにしないととてもまずい。それさえなければ、5.6はひとまず安定

  6はうまくすると冷温停止するかもしれないから、5に優先的に電源をふりむけることができるかもしれない。もっとも6でも使用済み核燃料プール循環給水はしないといけないから、きるわけにはいかない。
by reijiyam | 2011-03-16 06:54 | 日記 | Comments(2)
Commented by 臨夏 at 2011-03-17 01:05 x
危機に当たっての、勢力的な原発情報発信、お疲れさまです。
おおいに我々の役に立ちますが、
災害時、皆の気分をいつもと同じ様に保つためにも、
また古美術記事も書いてくださいませ。

敗戦時に、柳田邦男は新聞に民俗学の記事を投稿し続けてたそうです。

そして、お誕生日お目出度うございますww
ミクシイから知りましたw
またこれからも、変わらぬお元気さで以て、
わたしたちにいろいろ教えてくださいw
*余計毎なら済みませんでした。
Commented by reijiyam at 2011-03-18 10:14
 まさか、誕生日がこのようなクライシスの下でむかえるとは、思いませんでした。 食欲も小さくなり、精神的に胃が痛くなるとはこういうことだったのですね。

 この件は、昔ちょっと学んだことがあっただけに、わかるのがかえってつらいです。全く知識がなければ、ここまで不安になることはなかったでしょう。

 当方は、長崎ですので、「一応は」安全なことを、感謝しております。長崎の通りを歩いていると「戦争と平和」という感じがつくづくします。
<< ひょっとしたら好転 福島第一原発 4号機で出火 >>