枝野の会見 と  速報

******
速報::NHK:22:30::「2号機については、かなり改善」::
でも 1号機と3号機をほっりっぱなしにするとやばいですよ。。
******

 ちょっと希望がありそうな表情:::

 しかし、枝野って結構 胆力があるんだね




東日本大震災について、枝野官房長官が14日午後9時ごろ、会見を行った。福島第1原子力発電所の件について、ご報告を申し上げます。
この原子力発電所のいわゆる水素爆発を起こした3号機、本日午前11時すぎ、水素爆発を起こした3号機をはじめとして、第1原子力発電所の各機については大変、ご心配をおかけいたしております。
3号機につきましては、水素爆発のあとの注入再開の努力を行い、(午後)8時すぎに注水が再開をされました。
第1号機につきましても、同様に注水を開始いたしました。
これら2つの機につきましては、本日午前11時すぎの水素爆発によって、建物の屋根、外壁等が飛散をしていて、その取り除き作業等によって、再開するのに若干の時間がかかりまして、ご心配をおかけしましたが、この会見場に下りてまいりますタイミングでは、注水が再開をし、水位の上昇も見られております。
これによって、しっかりと冷却をするという行為が再開をいたしておりますので、この状態が続けば、安定的な状況に向かっていくものと思っております。
2号機につきましては、原子炉を冷却する装置が停止し、こちらも水で冷却をするための作業に入っておりました。
この作業については一時、ポンプの燃料の不足等がございまして、想定よりも時間がかかってしまい、一時、水位が低下して、いわゆる燃料棒というところが、水面から出る状態が若干、継続をしたものとみられております。
しかし、やはり20時すぎ、そうした問題を解決して、注水を開始することができまして、水位の上昇も観測されております。
いずれも水を注ぎ込むことによって、原子炉を冷却をするという作業が再開をできておりますので、このまま水を流し込む作業で、しっかりと冷却を進めることができれば、安定的な状況に向かっていくものと思われますが、引き続きこうした状態を継続し、安定した状況に向かわせるべく、現地の作業の皆さんには、全力を挙げていただいておりますが、安全確保に向けて、最大限の努力を進めてまいります。
by reijiyam | 2011-03-14 22:31 | 日記 | Comments(0)
<< 原発事故 現時点のまとめ 2号機 NHK ラジオ 速報:... >>