福島一号  三号機 続報

枝野会見まとめ(3月13日11時)


枝野官房長官 11時会見■福島第一原発3号機について
・今朝,注水機能停止を報告した。
・燃料棒上部が水面から露出した。
・圧力容器を9時05分,安全弁を開き,原子炉内の圧力低下。
・9時08分水の注入を開始。海水ではなく真水。
・9時25分,ホウ酸を混入していっそうの安全を図った。
・格納容器のベントを開始。原子炉格納容器の冷却が開始したと思われる。
・9時20分以降,微量の放射性物質が廃棄されたと思われる。
・前後の放射線のモニタリング調査1015マイクロシーベルトを出したMP4地点,今朝の6時に36.7。
・ベント開始後76.9,9時30分に70.3。ベントによる想定の範囲内,管理された状態で放出。
・対応する手順に従ってなされているもので,人体に影響を与える放射線が放出されているものではない。
・避難された方の被曝への不安が高いと思うので以下の措置をとる。
・福島県で避難者のリストを作成し,国の責任で専門家からなる救護所を作成,診断を行う。
・専門家チームを複数作る。関係道府県の協力を求めたい。


 ホウ酸 ってのは、中性子を吸収して再臨界をとめるためのものだから、崩壊熱をおさえることはできないが、メルトダウンでの再臨界防止にはなる。

どっちにしろ、この炉は廃炉決定。

 政府も東電も廃炉で腹くくったほうがいいよ。。
by reijiyam | 2011-03-13 11:32 | 日記 | Comments(0)
<< 福島原発  現状のまとめ 福島第一原発 三号機 危機 >>