福島第一原発 三号機 危機

>ところで、第一原発の他の炉や、第二原発のほうはどうなっているんだろうか?
 第一原発の他の炉については、一号機が悲惨過ぎる状態なので閑却されているとかなりまずい。

 と書きましたが、残念ながら、三号機は危機状態のようで、
・水蒸気をフィルターを通して放出し圧力を下げる:炉の破裂を防ぐ
・別のポンプで水をいれる
 というのを現在やっているようです。

 NHK 報道

まとめれば、
  ・第一号機 停止->バッテリー切れ->注水->放射能もれ->水蒸気放出準備(ここで管首相がじゃまする)->水位低下->水蒸気放出->水素爆発->海水注入->海水がほぼ燃料棒をかくす:満水(一応成功  バンザイ) よく水蒸気爆発しなかったものだ、、

  ・第二号機  停止->ECCS稼働という報道あり?->バッテリー切れ->水蒸気放出?+注水? こちらは、あまり情報がはいらないので、水位は保っているのでしょう。。

  ・第三号機  停止->バッテリー切れ->水位低下->水蒸気放出+注水
  ・その他:点検のため停止中

  再臨界(メルトダウンしたかたまりのなかで核分裂反応が連続しておこること)していなければ、もう発熱がかなり少なくなってきているはずなので、「爆発」とかやらない限り、今日中には2、3号機はなんとかなるかも、ただ三号機は出力が大きいので崩壊熱蓄積も大きくコントロールするのに時間と物量がかかる。 また、おそらく第一号機由来の放射能汚染が作業の邪魔をしているようです。

 また、下にも書きましたが、東電はこの福島一号機六台のサイトはあきらめて廃炉にする方針でやらないと、下手にまた稼働させようとスケベ心をだしたら、大惨事になるでしょう。第一、もう再稼働は少なくとも何年もできないでしょ。第一、構内の放射線レベルが高いからメンテナンスだって難しい。 それに県が賛成するはずない。誘致積極派の現知事(民主党・渡辺恒三代議士の元秘書)は落選確実でしょう。おまけに30年以上という古い炉だから、あきらめたほうがいい。
  >この原子炉は1971年の建造で、もう40年もたっている。
  >この際、廃炉にする方向で処理したほうが、より安全なのではなかろうか?
  >下手に復旧させようとすると危ない気がする。
by reijiyam | 2011-03-13 10:12 | 日記
<< 福島一号  三号機 続報 福島原発一号 終息の希望 >>