15世紀のエッシャー


e0071614_1417438.jpg

 このイメージは絵画の一部なのですが、M.C エッシャーの迷宮のような絵画をどうみてもおもいださずにはいられません。
 15世紀末~16世紀はじめぐらいの作品だとはおもってます。

  「教皇セルギウスの夢」カリフォルニアのポールゲッティ美術館所蔵。
  88x80cmという小さいパネルです。もとは、17世紀前半にブリュッセルのサングダール聖堂にあったらしいものです。連れにある絵がロンドンのナショナルギャラリーにありますが、こちらはそんな迷宮みたいな部分はありません。
by reijiyam | 2011-02-24 14:19 | 日記 | Comments(2)
Commented by 臨夏 at 2011-02-26 17:44 x
なんかものすごいええ絵ですねえ、
15〜16世紀ですか、そんな昔にこんなんあったんですね。
Commented by reijiyam at 2011-02-27 09:29
画家の名前がわからなくなっている良い絵って結構多いんです。これもそうですね。

なお、ブリューゲルのバベルの塔なんかも16世紀ですが、こういう迷宮建築絵画好みと関係があると思っています。
<< 京都駅のバス渋滞 鉄斎の便箋 >>