三国志呉志残巻公開記念

1月8日から京都国立博物館で、三國志呉志残巻が公開されています。これは羅振玉の漢晋書影に収録されていたものですが、個人コレクションだったこともあり、あまり公開されたことはありません。
 なんと、朝日新聞社主 上野家のコレクションだったのですね。ちょっと驚きました。上野家にはまだ他にも珍品があるような気もします。新聞人のくせに公開しようという気がいままでなかったというのはどういうこっちゃ。。。
 当ブログでも
2005年12月に三國志呉志残巻 として一部を紹介しましたが、少し大きなイメージを提供したいと思います。なお、この連れにあたる断片が上野の書道博物館にあって、それは観る機会がありましたが、今回の展覧会では並べて展示されるようです。
その断片については、二〇〇七年に書きました。
台東区書道博物館の 三国志断片
しかし、これほど魏の鐘元常の書を連想させる発掘品もないと思いますね。
e0071614_8574873.jpg


e0071614_8544794.jpg

by reijiyam | 2011-01-16 08:58 | 蔵書
<< 寄贈品の死蔵を考える 宇多天皇 周易抄 >>