雪堂校刊群書叙録

最近、大陸で再刊されたようだが、これは天津で羅振玉自身が出した本のようである。本来他の著述と併せて六冊本だったが、貧架には、このかなり傷んだ本が二冊あるのみである。なんとか不愉快でなく読めるように自分で修理したので、蔵書印を押した。私はなんらかの修理をやった本については蔵書印を押す資格があると思っている。
 これは、上部にやけに余白の大きい本だ。こういう余白の本は、結構民国時代にはある。

羅振玉が刊行した本の序跋を集めたもので、羅振玉の学問と嗜好が意外なほど伺われる好著だと思う。日本との関わり合いも多く、例えば石きょう宝笈三篇目録の出版は、日本人  山本俤二郎(澄懐堂)こと山本二峯が北京で買った写本によっている。写本なので宮廷外ではだれもみたことがなかったのだ。また、世説新書の唐抄本は奈良平安のころに日本に伝わったものの残巻を、神田博士のところなどでみせてもらっている。
 この本、最近の大陸のオークションで高価だというので思わず欲がでたが、それは六冊完本の美本のことだった。貧架の本のような汚い端本並本のことではない。そうはいってもこの原刊本はかなり少ないもののようだ。
  縦27.2 横15.1cmという縦長の本である。一般によくあるこの本は縦17cmぐらいの民国期の活字本のほうだ。
e0071614_8164633.jpg


e0071614_8172876.jpg

by reijiyam | 2010-09-09 08:22 | 蔵書 | Comments(0)
<< 支那的性格 羅振玉の隷書 >>