セン塔銘 9

今度は趙次閑の特徴のある書がでてきてほっと一息。更に次の張開福は、書はともかく竹刻で名のある人であり、この書は竹刻の判定にも使える。
また、次の楊カイこと楊龍石は、書作品自体はずいぶん少ない人らしい。篆刻や竹印などを多く残している人なので、墨跡は割と貴重だ。

e0071614_17345411.jpg



e0071614_17352270.jpg



e0071614_17355046.jpg



e0071614_17365276.jpg

by reijiyam | 2009-06-28 17:38 | セン塔銘 | Comments(0)
<< セン塔銘 10 完 上東門院菊合序 >>